助成・配分を受けたい

【11月30日まで受付】令和3年度NHK歳末たすけあい募金による助成

歳末たすけあい運動は、誰もが地域社会の一員として孤立することなく、安心して新たな年を迎えることができるよう県民参加の共同募金運動の一環として実施するものです。
現在、県内では長引く新型コロナウイルス感染症の流行による地域経済への影響から生活に困窮する人々の増大が大きな問題となっており、今年の歳末たすけあい運動に寄せられた募金を活用して、非営利団体等による困窮世帯や社会的に弱い立場にある人々への支援活動を応援します。

【提出期限】
令和3年11月30日(火)必着(メール可)
【助成額】
(1)非営利団体  20万円以内 (自己負担金は不要)
(2)離島社会福祉協議会  見舞金支給対象者一人につき5千円
(3)児童養護施設等  令和4年3月に措置解除予定児童一人につき4万円

詳細はこちらをご覧ください
https://www.okishakyo.or.jp/kyoubo/node/228

【11月18日〆切り】「居場所を失った人への緊急活動応援助成」

中央共同募金会では、新型コロナウイルス感染下において、仕事や住まいを失った人たち、虐待やネグレクトなどで家にいられない子どもや若者たち、ストレスから家庭内暴力(DV)のおそれが高まっている家庭、国籍や言語の壁から必要な支援や情報が行き届かない人々に対する支援活動を資金面から支援するため「居場所を失った人への緊急活動応援助成」第4回公募を実施します。

■助成上限額 300万円

■応募締切日  2021年11月18日(木)必着 

■web 応募フォーム記載サイト URL  https://www.akaihane.or.jp/news/22990/ 

■問い合わせ先 
社会福祉法人  中央共同募金会  基金事業部 
  居場所を失った人への緊急活動応援助成担当宛 
  電  話:03-3581-3846 
  E-mail:kikin-oubo2@c.akaihane.or.jp(link sends e-mail) 

詳細はこちらをご覧ください
https://www.okishakyo.or.jp/kyoubo/node/227

【令和3年1月20日(水)〆切り】第6次助成事業募集!「赤い羽根 新型コロナウイルス対策活動助成」

【助成申請のご案内】
新型コロナウイルスの影響で困窮する個人や家族に対する支援活動を行っている団体の取組に30万円まで助成します。
詳細はこちらをごらんください。

https://www.okishakyo.or.jp/kyoubo/node/196

歳末たすけあい義援金配分申請の手続き

新たな年を迎える時期に、支援を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができるよう、住民参加型在宅福祉サービス団体、ボランティア団体や共同作業所などが取り組んでいる住民のさまざまな福祉活動や地域住民、各種団体が共同・協力して推進する地域のたすけあい活動に重点を置いて支援するものです。

  1. 例年11月上旬に歳末たすけあい義援金の配分申請を提出する
  2. 共同募金会は配分の可否を核施設団体へ通知する

提出書類は、例年11月に各団体へ郵送するほか、本ホームページのお知らせにも掲載していますのでご確認ください。

災害見舞金申請の手続き

沖縄県共同募金会では、不測の災害により世帯員が亡くなったり家屋に損害を被った世帯に対し見舞金を交付いたします。

内容は、概ね次のとおりですので、該当する世帯は、お住まいの市町村の社会福祉協議会へ必要書類を揃えて申請してください。

1 対象となる災害

 暴風、豪雨、高潮、地震、津波その他の異常な自然現象または火事、もしくは爆発が原因で発生した被害

2 見舞金の種類及び金額

 ①家屋災害見舞金

       全焼・全壊    2万円

       半焼・半壊    1万円

       床上浸水      5千円

 ②死亡弔慰金(世帯員の死亡)

       一人につき2万円

3 次の各号の一つに該当する場合は見舞金の対象となりません。

(1)災害救助法の適用を受け、義援金の募集を行う災害

(2)災害弔慰金の支給等に関する法律第3条に規定する災害弔慰金または同法第8条に規定する災害障害見舞金を、市町村長が支給したもの

(3)被災世帯の世帯員の故意又は重大な過失による災害

 

【ファイルダウンロード】

 

ファイルダウンロード: