【締め切りました】(中央共同募金会)居場所を失った人への緊急活動応援助成

中央共同募金会では「赤い羽根新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン いのちをつなぐ支援活動を応援!~支える人を支えよう~」の一環として「居場所を失った人への緊急活動応援助成」の第3回公募を実施しました。

以下が、公募内容の詳細です。

同助成の内容は、中央共同募金会のホームページ(下記URL)でもご覧になれます。

https://www.akaihane.or.jp/news/18510/

 

新型コロナウイルスの影響が長期化する中で、経済状況悪化のため仕事や家を失った人たち、虐待やネグレクトなどで家にいられない子どもや若者たち、ストレスから家庭内暴力(DV)のおそれが高まっている家庭など、様々な理由から居場所を失い、孤立する人々の生活課題がさらに顕在化しています。特に、家賃補助等の公的な支援の期限となる本年末には、多くの人が住まいを失ってしまうことが危惧されています。
こうした人たちに対し、相談に乗り、必要な制度の利用を支援する、居場所を提供する、多様なツールを活用してつながりを作り孤立を防ぐ、などの緊急支援が、多様な団体・機関によって展開されていますが、いずれの団体・機関も長期的な支援活動に必要な人材や活動資金は十分ではありません。
そこで、居場所を失った人々に対する支援活動を資金面から支援し、このコロナ禍において「誰一人取り残さない(leave no one behind)」社会をつくることを目的として、「居場所を失った人への緊急活動応援助成」第3回公募を実施します。

○対象団体
・社会福祉・地域福祉の推進を目的とする非営利の団体(法人格の有無は不問)
・応募時点で団体が設立されており、助成対象活動(事業)の実施体制が整っていること(活動年数は不問)
・反社会的勢力および反社会的勢力と密接な関わりがある団体でないこと

○助成対象活動(事業)
新型コロナウイルスの影響により、孤立が加速化し、居場所が失われた人や経済的困難に陥った人たちに対する次のような支援活動(事業)で、新しい生活様式に配慮しながら、多機関連携や協働により展開されるものを対象とします。

・相談支援活動 例:DV/虐待/女性/子ども若者相談支援、その他民間相談支援
・居場所支援活動 例:DV、虐待被害者へのシェルター提供、居住支援など
・居住支援活動 例:居住支援など
・学習支援活動 例:対面やオンラインでの学習支援
・外国ルーツ支援活動 例:外国ルーツの人たちへの支援
・⽣活支援活動 例:生活必需品の提供など
・食支援活動 例:フードパントリー/バンク
・中間支援活動 例:活動団体の場づくり/課題把握
・その他緊急支援活動 例:緊急的な相談支援、生活支援(食事・居住)
 

○助成の対象期間
2021年4月〜2022年3月に行われる取り組み・活動

○助成額
1事業あたりの助成上限額は300万円とします。

○応募締切日
2021年5月10日(月)必着

○申請方法
【web 応募フォーム URL】 https://tayori.com/f/ibasho3 

○問い合わせ先
社会福祉法⼈中央共同募金会基金事業部
居場所を失った⼈への緊急活動応援助成担当宛
電話:03-3581-3846
E-mail:kikin-oubo2@c.akaihane.or.jp
URL https://www.akaihane.or.jp/news/15231/