共同募金とは

共同募金のシンボル=「赤い羽根」

「赤い羽根を使うようになったのは、第2回目の運動からです。1948年ごろ、アメリカでも、水どりの羽根を赤く染めて使用していました。それにヒントを得て、日本では、不要になった鶏の羽根を使うようになりました。
「赤い羽根」は、運動が始まった頃は、寄附をしたことを表す印として使われました。
「共同募金」のシンボルとして、幅広く使われています。

法律からみた「共同募金」

共同募金は、「社会福祉法」という法律をよりどころとして進められています。
民間社会福祉事業に必要な資金を集めるため、共同募金運動は、全国協調して展開されています。

歳末たすけあい募金も、共同募金の一環

歳末たすけあいへの募金には、市区町村の区域ごとに行う「地域歳末たすけあい」と「NHK歳末たすけあい」があります。
歳末たすけあいへの寄付金は、見舞金として歳末時期(当年度)に使われ、地域福祉サービス事業などには、原則として翌年度に使われます。

共同募金は、10月1日から12月31日まで

「赤い羽根」共同募金の運動の期間は、毎年1回、厚生労働大臣の告示によって10月1日から12月31日までの3ヶ月間と定められています。10月から12月までは一般募金を、12月中は歳末たすけあい募金もあわせて行います。
運動は、北海道から沖縄県まで全国一斉に行われます。

共同募金は、共同募金会が行う募金

「共同募金」とは、国や市町村ではなく、共同募金会という民間の団体によって、都道府県を単位として行われている募金です。さらに、都道府県内で「共同募金」に寄附したお金は、県内の社会福祉に使われ、県外や国外に使うことはできません。
共同募金は、共同募金会によって行われることが法律で決められています。
共同募金の募金活動を行い、配分を行うのは、各都道府県共同募金会です。

共同募金は民間の募金です。 

共同募金は、民間の募金です。ですから税金とは性格も使われ方も違います。
税金は、全国的にどこでも同じ基準で公平に使われます。
民間の募金は、その地域の実情に沿って、柔軟に対応することができます。
ですから、地域の福祉に迅速かつ的確に対応できるという先駆性をもっているのが特徴です。

共同募金は、民間の社会福祉事業や活動のために行われる募金

「共同募金」は、民間の社会福祉の資金として使われます。広域的には、社会福祉施設や県域で活動している団体などにも配分されます。
また、市町村においては社会福祉協議会や小地域の様々な福祉活動団体などに配分されます。
「共同募金」への寄付金によって、民間の社会福祉施設や社会福祉協議会などの社会福祉の団体は、さまざまな活動を行っています。
共同募金の使われ方については、本会HPの「ありがとうメッセージ」をご覧下さい。

  • 共同募金は、計画募金
  • 使いみちの計画(目標額)
  • 各世帯でお願いしている寄付の額
  • 「配分計画」をもとにして寄付をお願いする運動です。
  • 配分委員会が配分案を作ります。

共同募金の寄付には、税制上の優遇措置がとられます。

個人や企業が「共同募金」に寄付した場合、税制上の優遇された取り扱いが受けられます。

  • 個人の寄付の場合
  • 法人の寄付の場合

共同募金の寄付には、感謝状が贈呈されます。

寄付をされた方は、寄付された額により県ごとの規定基準により感謝状の贈呈を行っているところもあります。全国的には次の寄付が贈呈の対象になります。

募金方法の種類

寄付をお願いする相手によって次の募金方法に分けられます。

  • 世帯を対象とした「戸別募金」
  • 街中で道行く人をに募金を募り、運動をPRする「街頭募金」
  • 「企業」を対象とした「法人募金」
  • 「従業員」を対象とした「職域募金」
  • 「児童生徒」を対象とし、福祉教育を目的とした「学校募金」
  • 「各種イベント」による「興行募金」
  • 「フリーダイヤル」で申し込める「赤い羽根のテレホンカード募金」

共同募金を支えてきたのは、ボランティア

寄付をする人、寄付を募る人も、ボランティアをしているという心をもっていただくというのが、共同募金の目的です。
住民一人ひとりに参加していただくためには、「共同募金」への深い理解と熱意が必要です。
そのためには、募金ボランティアとして活動する時に、市区町村での寄付金の使いみちを具体的に書いたチラシなどの資料を活用されることをおすすめします。
使いみちなどを説明するには、具体的な情報が不可欠です。

災害ボランティアの支援も行う共同募金

 「大規模災害に即応するボランティア活動支援資金制度」は、大規模災害が発生した際、災害時のボランティア活動を資金的に緊急支援する制度です。
 これは、大規模災害発生時の初動期にお年寄りや障害を持つ人々など、社会的に支援を必要とする方々のために、救援活動を行うボランティアグループ・団体、または社会福祉施設などの活動にかかる経費の一部を支援しようという目的をもっています。

共同募金は世界34カ国で行われています。

19世紀のイギリスで慈善組織協会に寄付金を積み立てることからスタートし、1913年にアメリカで組織だった「共同募金」が誕生しました。
1998年現在、世界の34カ国の国や地域で行われている募金です。