生活福祉資金特例貸付における据置期間の延長について

特例貸付について、令和4年(2022年)3月末以前に償還(返済)が開始となる貸付については、引き続き経済が厳しい状況等を踏まえ、令和4年3月末日まで据置期間を延長することとなりました。該当する方については、償還開始を延長しております。既に返済を行っている方につきましては、据置期間の延長の対象にはなりませんのでご注意ください。

また、総合支援資金(再貸付)について、据置期間が1年以内から3年以内へ延長されています。

なお、令和4年4月より償還(返済)が開始することとなりますが、償還免除手続き等にする具体的な内容等につきましては、引き続き厚生労働省において検討中であるため、再度、据置期間の延長も想定されます。

特例貸付をご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、据置期間再延長の決定や償還免除に関する具体的な手続き方法等が決まりましたら、特例貸付をご利用中の皆様へ通知して連絡いたします。