児童養護施設等基幹的職員研修会を開催します!

施設に入所している子ども及びその家庭への支援の質の確保に向けて、自立支援計画等の作成及び進行管理、職員の指導等を行う基幹的職員(スーパーバイザー)を養成することを目的に、今年度も「児童養護施設等基幹的職員研修会」をします。ぜひご参加ください。 

【参加対象】

①児童養護施設、乳児院、児童自立支援施設、母子生活支援施設、児童心理治療施設(情緒障害児短期治療施設)の職員

②対象施設等における直接支援や相談支援などの業務の実施経験がおおむね10年以上の者

③人格円満で児童福祉に関し相当の知識・経験を有する者であるとして、施設が基幹的職員の候補者として適任であるとして推薦した者。

※本研修受講後には、県知事より修了証書の交付を行うため、上記(1)~(3)の内容を満たしたうえで、施設長からの推薦書(様式1)を添付した方が、原則研修対象となります。

※なお、本研修は、「主任児童指導員等(児童養護施設の場合)」の処遇改善加算Ⅴを受給するために必要な研修に含まれます。対象となる職員が受講される場合にも、修了証の交付を行いますので受講申込書と併せて、推薦書(様式1)も提出してください。

※また、「修了証書」の交付を必要としない方(推薦書必要なし)の参加も、定員の範囲内で受付いたしますので、内容を確認の上ご検討ください。

【日程】

令和元年6月18日(火)~6月19日(水)

 

【定員】50名  ※定員に達し次第締め切ります。

 

◆ 開催要項・日程

◆ 受講申込書

◆ 推薦書