沖縄県社協創立70周年記念 第64回沖縄県社会福祉大会「特別記念座談会」を公開します

【特別記念座談会】

「沖縄の社会福祉の歴史を振り返り、今後を見据える」

【座談会の趣旨】

沖縄県社会福祉協議会創立70年の節目を迎えた令和3年11月に、県総合福祉センターにおいて「沖縄県社会福祉協議会創立70周年記念 第64回沖縄県社会福祉大会」の特別企画として「特別記念座談会」を開催しました。

本座談会は、「沖縄の社会福祉の歴史を振り返り、これからを見据える」というテーマのもと、戦後以降の本県の福祉の軌跡を顧みるとともに、近年顕在化・深刻化する福祉課題やその課題に対する支援活動等の実態を共有し、今後の社会福祉の推進に繋げていくことを目的としています。

なお、本座談会は2部構成(前半・後半)としております。

前編では、『社協活動等の変遷から見る沖縄の社会福祉のあゆみ』というタイトルのもと、戦後、米国施政下に置かれた沖縄の状況や、本土復帰以降の社会状況を踏まえた本県の社会福祉のあゆみを出席者の皆様と回顧しました。

後編では、『誰一人取り残さない、沖縄らしいこれからの福祉に向けて』というタイトルのもと、福祉支援の実践者やマスコミ等それぞれの立場から、ひきこもり、子どもの貧困、生活困窮、社会的孤立といった福祉課題の現状や支援活動の実態が伝えられ、今後の沖縄の福祉において必要な支援、視点等を示唆いただきました。

本座談会の内容を福祉関係者や県民と共有し、支援の輪を広げていくため、下記のとおり映像を広く発信いたします。

多くの皆様にご覧いただけますと幸いです。

前編「社協活動等の変遷から見る沖縄の社会福祉のあゆみ」

※☟下記をクリックすると動画が表示されます。

第一部「戦後の沖縄の社会福祉と県社協を語る」(約1時間24分)

第二部「復帰後の福祉活動・取り組みを語る」/第三部「福祉関係者へ期待すること」(約1時間37分)

 【開催日時:令和3年11月2日(火)/場所:県総合福祉センター】

≪出席者≫

写真前列中央:呉屋清德氏(沖縄県社会福祉協議会元副会長、沖縄県共同募金会元副会長、沖縄県老人クラブ連合会元副会長)

写真前列右:富山光枝氏(特定非営利活動法人幸せの魔法つ会代表、旧勝連町社会福祉協議会元地域福祉活動専門員、旧勝連町議会元議員、琉球大学元非常勤講師)

写真前列左:保良昌徳氏(日本ソーシャルワーカー協会会長、沖縄国際大学総合文化学部元学部長、特別養護老人ホーム沖縄偕生園元生活指導員、転生園元養護課長)

写真後列右:山内良章氏(沖縄県共同募金会常務理事、沖縄県社会福祉事業共済会理事長、沖縄県社会福祉協議会元事務局長)

≪司会進行≫

写真後列左:嘉陽孝治(沖縄県社会福祉協議会常務理事)

 

後編「誰一人取り残さない、沖縄らしいこれからの福祉に向けて~THANKS(サンクス)運動のこれからの展開に向けて~」

※☟下記をクリックすると動画が表示されます。

「社会的孤立の現状と課題について〜コロナ禍をふまえて〜」(約1時間5分)

「今後の沖縄の福祉に必要な支援や視点について」/「県社協への期待」(約1時間5分)

【開催日時:令和3年11月5日(金)/場所:県総合福祉センター】

≪出席者≫

写真前列中央:島村聡氏(沖縄大学人文学部福祉文化学科)

写真前列右:嘉数よしの氏(沖縄タイムス社 編集局学芸部)

写真前列左:濱里正史氏(沖縄県労働者福祉基金協会)

写真後列右:金城隆一氏(沖縄県青少年自立援助センターちゅらゆい)

写真後列中央:兼浜克弥氏(沖縄県精神保健福祉会連合会)

≪司会進行≫

写真後列左:久根次薫(沖縄県社会福祉協議会地域福祉部長)