総合支援資金特例貸付の延長について

総合支援資金特例貸付の延長について

 

1.延長貸付の実施回数、期間について

延長貸付は1回限り、最大3ヶ月までです。

2.延長貸付の対象者について
下記の3つの要件全てに該当するものが対象となります。
(1)総合支援資金の特例貸付の初回貸付を受けており、令和2年9月までに3月目である貸付期間が到来するケースであること。
(2)貸付期間の3月目において、引き続き、新型コロナウイルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯であること。
(3)生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援機関による支援を受けること。

   ※ 延長貸付を希望する方は、自立相談支援機関による相談・支援を受けることが必須要件となっています。

3.提出書類について

4.延長申請の手続きについて
①申請者は、市町村社協に延長の申請を行い、延長申込の書類「申込書(別添1)、借用書(別添2)、延長貸付にかかる状況確認シート(別添3)」を記入し、提出してください。
②市町村社協が、延長貸付にかかる状況確認シート(別添3)を当該自立相談支援機関に送付しますので、申請者は、自立相談支援機関申請者と「延長貸付にかかる状況確認シート(別添3)」をもとに相談・支援を受けてください。

特例貸付の延長に関するQ&A